医療レーザー脱毛のデメリット

肌があまり強くない人は術中や術後に強い痛みが出ることがある

医療レーザー脱毛は、特殊なレーザー光線を使用してムダ毛の多いパーツを集中的に脱毛できますが、肌があまり強くない人は術中や術後に肌に強い痛みを感じることもあります。また、複数のパーツを同時並行で脱毛する場合には、痛みが和らぐまでに時間が掛かるケースも珍しくありません。そうしたトラブルを防ぐには、施術を受ける前に担当の医師と相談をして、施術の頻度やレーザーの出力などを調整することが大切です。最近では、敏感肌や乾燥肌の人も安心して施術に臨めるよう、肌への負担が少ないレーザー脱毛器を導入したり、アフターケアに力を入れたりするクリニックの数が増えています。そのため、余裕をもって自分に合うクリニックを見つけることも大事です。

全身脱毛のコースを選ぶ場合は総額費用が高額になりやすい

医療レーザー脱毛は、サロンよりも強力な機器を使用するため高い脱毛効果を期待できますが、全身脱毛のコースを選択する場合は、総額の費用が高くなりやすいため注意が必要です。たとえば、ワキや足、背中といった基本の部位だけでなく、デリケートゾーンまで奇麗に全身脱毛をしたい人は、五十万円を超える出費が発生することもあります。また、通院の間隔や毛周期などの関係で所定の回数で施術が終わらなかった場合は、追加料金の支払いを求められることもあるため、慎重に契約内容を確認することが大切です。その他、少しでも医療レーザー脱毛の費用を安く抑えるには、体験モニターの募集に申し込んだり、キャンペーン期間を狙って契約したりすると良いでしょう。