光脱毛のデメリット

脱毛のスピードが遅い

脱毛の方法はいくつもありますが、最も痛みが少なく、自宅でできる脱毛器具も販売されているのが、光脱毛です。ですが、光脱毛は脱毛のスピードが遅いことがデメリットです。光による脱毛は、毛のメラニン色素にだけ反応する光を使って、毛根にダメージを与えることで毛が生えてくることを抑制するというものですが、レーザーやニードルを使う他の脱毛の方法よりもダメージは少ないため、毛の再生が低下するだけで、全く生えてこなくなるわけではありません。そのため、期待した効果を得るためには、他の脱毛に比べて時間がかかりますし、脱毛サロンなどに通っている場合は、効果が上がるようにタイミングを合わせて長めに通うことが求められます。

うぶ毛への効果が低い

光脱毛の仕組みは、黒い毛に含まれるメラニン色素に働きかけて毛根にダメージを与えるというものです。そのため、うぶ毛や細い毛などは効果が期待しにくいのがデメリットです。この点は、光脱毛を続けるためのモチベーションにも影響する場合があります。例えば、光脱毛をはじめて間もないころは、特に太い黒い毛を中心に毛量が減ったり、再度生えてくる毛も細くなってきたりと、見た目の効果が実感しやすいため、積極的に取り組むことができるに違いありません。ですが、時間がたつにつれてうぶ毛が大半になってくると、メラニン色素が少ないため効果を実感しにくくなり、意欲が低下しがちです。それで、光脱毛では恒久的な脱毛はできない点を理解し、何をもって目的達成とみるかを考えておくことも大切です。